2012年09月16日

第4回 せとノベルティアーケード in 末広(2)

末広ギャラリーピーコックでノーマン・ロックウェルのノベルティを堪能した後、松千代館へ。

120916_01.jpg

こちらは瀬戸で作られていたキャラクターのノベルティと、アメリカのコカ・コーラ社が販促用グッズとして瀬戸で作らせていた珍しいノベルティが展示されていました。

120916_02.jpg

どれも有名なキャラクターたちですが、瀬戸で作られていたんですね。


コカ・コーラ社の販促用グッズのシロクマのノベルティがとても可愛らしい。コカ・コーラのシンボルカラーと言える赤と白のコントラストが鮮やかです。アメリカでどのように使われていたのか詳細は分からないそうで、これから調査するとか。数も種類も豊富で、とても貴重なコレクションでした。

120916_03.jpg

120916_04.jpg

120916_05.jpg


最後に訪れたのはいつもお世話になっている瀬戸ノベルティ倶楽部。今回の目玉は、正面のウィンドウに展示されたフランス画家、ルイ・イカールのノベルティです。私も今回初めて見ましたが、曲線がとても美しく、気品のある色調でとてもエレガント。瀬戸で作られて、アメリカへ輸出されたそうです。

120916_06.jpg

120916_07.jpg


瀬戸ノベルティの仕事に携わるようになって、食器や陶板以外への絵付けの楽しさを知りました。それと共に、瀬戸の窯業やノベルティの歴史にも興味が湧いてきています。もしノベルティに関心をお持ちの方がいらしたら、ぜひ一度瀬戸ノベルティ倶楽部に足を運んでみて下さい。


posted by りえ at 19:41| チャイナペイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

第4回 せとノベルティアーケード in 末広(1)

今月5日に瀬戸の末広商店街で開催された「せとノベルティアーケード in 末広」に行ってきました。商店街の各店舗のウィンドーに瀬戸ノベルティの人形たちが飾られ、瀬戸ノベルティ倶楽部、末広ギャラリーピーコック、そして松千代館では歴史的にも珍しく貴重なノベルティが公開されていました。


120915_01.jpg

末広ギャラリーピーコックでは「ノーマン・ロックウェルと" アメリカン・スピリッツ "」というテーマで、アメリカの画家、ノーマン・ロックウェルの絵を元に瀬戸で作られたノベルティの数々が展示され、一カ所に集められた様は壮観でした!

120915_02.jpg

120915_03.jpg

120915_04.jpg

私自身、ノーマン・ロックウェルの作品には10代の頃から触れ、「古き良きアメリカ」の文化に憧れたものです。ロックウェルは、写実でありながらドラマチックに、そして表情豊かに人々を描いています。その独特の世界観を忠実に立体化した、当時の瀬戸の職人たちの技術は本当に素晴らしい。そんな職人たちの技術がこれからもっと高く評価され、日本の誇れる文化として認知されていって欲しいと思います。

120915_05.jpg

120915_06.jpg
posted by りえ at 21:06| チャイナペイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

ご無沙汰しています。

気が付いたら8月後半…。今月は一度もブログを更新していなかった!

先月は仕事やプライベートで慌ただしく過ぎました。ブログに書こうと思っていたこともいくつかありましたが、伸ばし伸ばしのうちに8月に。結局書くタイミングを逃してしましました。そのうち思い出して書くかもしれません。

庭の方は、ひたすら草取りです。バラは正直見たくない…ほど、病害虫被害で哀れな姿をしています。去年もその様子を見てバラを育てることに心が折れそうになりました。でも春はきれいに咲いてくれたので、今は枯らさないように水だけはしっかりあげています。

残暑もまだまだ厳しいですが、今年の夏はメディアが報道しているほど暑く感じていません。夜は比較的涼しいのでとても楽。エアコンに頼らなくても安眠できています。

庭のことを考えると、もう少し雨が降って欲しいです。毎日空を眺めては雨乞いをしていますが、今日も降りませんでした…。明日も草取りに励みます。
posted by りえ at 20:18| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

惜別

120720.jpg

2004年、2008年、2009年の企画展「クリスマスの贈り物」への出展を誘って下さり、その時に大変お世話になった日本画家、藤野純子さんが7月15日にご逝去されました。

2008年に肺がんを患い、闘病しながら精力的に作家活動をされていました。もちろん病気のことは知っていましたが、「純子さんなら大丈夫」と思っていた…というか、思いたかったのです。作品展の前後ぐらいでしかお会いすることはありませんでしたが、病気をされた後も、私と会う時は変わらず明るくエネルギッシュで、楽しい時間を過ごさせて頂きました。

先日お通夜に参列させて頂きましたが、遺影の純子さんは私の知っている純子さんで、なぜかほっとしました。花で飾られた祭壇の両側に、その日初披露だったという2枚の作品が飾られていました。とても大きな作品で、具合が悪い中描き上げたとは思えない素敵な作品でした。

純子さんと一緒に過ごした時間はわずかでしたが、最後まで自分らしく人生を全うした姿は、本当にかっこいいと思います。


続きを読む
posted by りえ at 20:43| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

芸術館・菩提樹イベント

菩提樹の木の下で

120715.jpg

0歳児からのクラシック入門 VOL.7 「魔法の国〜イギリス〜」
日:2012年7月15日(日)
時間:(1回目) 11:30 / (2回目) 15:00
入場料:一般(中学生以上)2000円 / 子ども 1000円
* お子様へのお菓子付き

レクチャーコンサート VOL.7 「世界音楽の旅〜イギリス〜」
日:2012年7月16日(月・祝)
時間:(1回目) 11:30 / (2回目) 15:00
入場料:一般(中学生以上)2000円 / 子ども 1000円
* お茶と小さなお菓子付き

会場:芸術館・菩提樹 / 愛知県長久手市岩作早稲田8-1
お申し込み:電話または、ホームページからお申し込み下さい。
HP:http://www.bodaiju.net TEL:090-7027-6196(担当、みやち)


ロンドンオリンピックにちなみ、エルガーをはじめとするイギリスの作曲家をご紹介します。今回の音楽朗読劇は、イギリスの昔話「3びきの子ぶた」。音楽と朗読のコラボレーションをおおくりします。お近くの方は、ぜひご参加下さい。
posted by りえ at 00:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

戻ってきました

修理に出したパソコンが予定より早く4日で戻ってきました。不便さを感じる間もなかったです(笑)。

パソコンを直したらOSをバージョンアップしようかと思っていましたが、今ひとつ評判が良くないみたいだし、今のままで何も問題がないので思案中です。ただ、間もなくまた新しいバージョンがリリースされるようなので、世の中に着いていくにはバージョンアップは必要なのかもしれません。

パソコンを始めた頃は月刊誌を毎月買って勉強していましたが、今は自分が必要なことしか関心がないため、すっかりパソコンの進化に乗り遅れてしまいました…。より有意義なパソコンライフを送るには、勉強しないといけないですよね。

パソコンは自分にとって必ずしも必要なものではありませんが、頼りすぎない程度に日常生活に取り入れていけば、新しい生活に繋がっていくのかもしれません。
posted by りえ at 19:19| ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

パソコン修理

昨年末に突然パソコンのCD/DVDドライブにソフトが入らなくなりました。パソコン自体は購入して1年半ほど。あまりCD/DVDドライブを使わないこともあり、サポートセンターに問い合わせたのが3月でした。スタッフの方の指示でいろいろ試してみた結果、修理に出すしかないとのこと。幸い保証期間中なので修理代はかからないのですが、万が一のためのバックアップや、ホームページの更新など、なかなか修理に出すことができませんでした。

そしてやっと準備が整ったので修理をお願いし、明日パソコンを取りに来てもらうことになりました。修理期間は5日ほどということなので、来週には戻ってくる予定です。少し不便を感じるかもしれませんが、メールは携帯または古いパソコンでチェックできるので問題ないと思います。

というわけで、数日間ブログの更新はお休みです。無事、パソコンが戻ってきたらお知らせします。
posted by りえ at 20:10| ウェブサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

アジサイ

このアジサイも去年挿し木したものです。元株は3〜4年前に地植えしたエンドレスサマーという品種で、生育条件を考えずに植えたため日陰にありますが、何とか毎年花を咲かせています。今年の春に肥料を与えたら、去年より樹高が高くなりました。でも剪定を一度もしていないので、あまり格好は良くありません。地植えでも水が切れるとぐったりしてしまうので、夏の水やりは少し面倒です。調べてみると移植できそうなので、来年の春にもっと条件のいい場所への移植を考えています。土壌によって花の色が変わるそうなので、今年も何本か挿し木して、ピンクの花を咲かせてみたいです。

120607_01.jpg 120607_02.jpg

品種名:アジサイ(ハイドランジア):エンドレスサマー
タイプ:ユキノシタ科(アジサイ科)の耐寒性落葉低木
posted by りえ at 21:33| ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。